1. HOME
  2. 会社案内
  3. 環境活動

COMPANY

会社案内

環境活動

◆油流出による海洋汚染問題への取り組み

OTSは、油流出による海洋汚染問題を重要な環境課題のひとつと位置づけ、CSR活動を通じて社員の意識啓発に取り組んでいます。この一環として2020年度は、モーリシャス重油流出被害による海洋汚染問題解決のため、
漏油修理施工1か所につき100円を寄付するとし、継続支援を行うことを決定致しました。

【2020年度 実績】
・変圧器 漏油修理施工箇所:計 514 か所
・寄付総額:51,400円

◆モーリシャス沖:貨物船重油流出事故について

2020年7月25日インド洋の島国モーリシャスの沖合で大型貨物船が座礁、その後8月6日に船外へ燃料の流出が始まった事故です。流出した重油の総重量は1千トン以上であり、特有の植物や動物が密集する、モーリシャス沖への被害は甚大なものとなっています。

今回の事故による生態系への影響は数十年に及ぶという推測も出されており、環境回復には長期的な支援が必要とされています。

また、重油の漂着した地域では、住民への健康被害も懸念されており、海洋汚染による生態系への被害だけではなく、モーリシャスに住む人々の生活にも大きな影響をもたらしています。