防虫・防鳥対策

シロアリについて

シロアリは雑食性で、被害は木造建築物に留まらず新建材、紙、更に消化はしないもののコンクリート、 プラスチック、金属、電力ケーブル等をも食害します。早期には表立った被害を見受けることは少なく、 気付いた時には被害が広範囲に及んでしまっていることが少なく有りません。 従って早い機会に専門家による調査をお勧めします。

主なシロアリの種類

1.ヤマトシロアリ・・・・・ <主として内陸性>


一番ポピュラーなシロアリで、湿気の多い場所(風呂回り、便所回り、台所回り等) の木材の中にコロニーを作り建物を食害します。この種類は自分で水分を貯え運搬する能力が無いので 水源の無い場所では繁殖できません。従って被害範囲も床下から概ね地上1~2メートルくらいの範囲がほとんどです。 (ただし条件次第ではこの範囲に留まりませんので注意が必要です) 繁殖アリが飛び立つ時期は4月から5月中旬くらいの雨上がり明けの蒸し暑い昼間に飛び立ちます。集光性は有りません。

2.イエシロアリ・・・・・ <主として沿岸性>

床下、土中、立ち木の根の下、立ち木の中、壁の中、屋根裏にまで営巣。 このシロアリは乾燥の強い砂地等の地域にも繁殖します。更に自分 で水分を貯え運搬する能力を備えています。この能力が有るために 最初の巣から次第に蟻道を延長し行く先に分巣を築き、更に蟻道を 伸ばしながら食害するという厄介な種類です。虫体はヤマトシロアリ より数段大きく食害も非常に広範囲となります。木造家屋を例に取れ ば、床下から天井梁まで食害してしまいます。繁殖蟻が飛び立つの は6月~7月の夕方から夜間で、灯火に向かって飛来します。

<その他>

シロアリは体内に腐朽菌を持っているため、食害を与えると同時に、食害箇所に 腐朽菌をも植え付ける結果をもたらし、食害箇所周辺の、特に木質部を腐らせて しまうという、二次被害を招きます。

* シロアリの食害の影響は、家屋の耐震性能を著しく低下させ、地震の際 家屋崩壊の引き金になりかねません。

<被害発見の手掛かり>

このような症状には要注意

① 歩くと床がブカブカする。


② 羽アリが飛び立つのを見た。


③ 床下等に蟻道がある。


④ 最近立て付けが悪くなった。


<当社の使用薬剤について>

[ 商品名:アリピレス各種・その他 ]
(社)日本しろあり対策協会認定剤 商品
(社)日本木材保存協会 認定剤 商品
  • 特徴
    • 臭気が少ない。
    • 極微量の有効成分(ビフェントリン)で、優れた即効性と殺虫力を発揮します。
    • 蒸気圧が低く、低濃度散布ですので、作業者・居住者への安全性に優れています。
    • 作業液の床下部剤への影響が少ない薬剤です。
    • 鉄以外の床下部材にはほとんど影響がありません。
    • 床下土壌への吸着性が高く効果は長期間持続します。(土壌用)


お問い合わせ・料金はこちら

戻る